2013年08月23日

パズル解き大会・例題03・紙の表に書かれた数字

例題03 紙の表に書かれた数字.png

(画像をクリックすると画面が切りかわり、もう一度クリックすると拡大表示できます)

 画像内にも記したように、パズる会2005のパズル早解き大会に出題した問題です。
 見かけはよくある「数字の個数合わせ」問題ですが、そう思ってなめてかかると…。

 当時の早解き大会は一度に1問だけしか出題されない形式で、1問の制限時間は10〜15分程度ではなかったかと思います。そのとき、参戦者が数十人いる中、最初の正解者がどなただったかはしっかりと憶えているのですが、続く正解者が何人いたか? その記憶はあいまいです。でも、そうたくさんはいなかったはず。

 なお、今年の早解き本番問題にも、またちょっと違うシカケの、さらにシンプルな「数字の個数合わせ」問題(これも同じく2005年頃につくって未発表のままだったモノ)を出題しようかと考えています。


posted by puzkai2013 at 16:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひえ〜!!
本当に答えあるのかなぁ?
便秘になりそうです。
この問題を短時間で解くとなると・・・・。
でも考えるだけで楽しいですね。
Posted by O>:KH> at 2013年08月25日 10:30
O>:KH> さん、コメントありがとうございます。
はい、ちょっと考えれば、この問題に「フツーに成立する解がない」ことがおわかりになると思います。そこがこの問題へのトライのスタート地点です。
さて、三つの□に入るのはそれぞれ2,3,4のどれでしょうか?
Posted by MINE at 2013年08月25日 12:21
ありゃ?
おお、解けました(^^)v
Posted by T.S at 2013年09月18日 21:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。