2013年10月05日

番外・麻雀牌の問題

 夕べ、たまたまウェブで「麻雀牌のフォント」を見つけました。

麻雀牌フォント.png

 「これはイイ!」と思ったその後、「これで何か問題がつくれないかな?」と考え…てできたのが下のようなモノ。人物AとBの会話形式。(6日に問題文を修正)

----

A この7牌、見方によっては和了(アガ)ってる形なんだけどわかるかな?

アガってる?01.png

A これを、こんな風に換えても (と、順次、下の3通りの手牌を示す) 和了りだけど、最初の手牌の方が役が一翻(イーファン)多いんだ。

アガってる?03.png

B なるほど、わかった! だったら (下の手牌に換えて) こっちの方がもっと高い手だよね?

アガってる?04.png

A はい、その通り。でも実は、同じ見立ての和了りの形はまだまだたくさんあってね、では問題です、その中でいちばん高い手はどんな形でしょう? それを考えてみて。

 さて、Aの言ういちばん高い手とは?

-----

 と、こういうモノですが、でもこれ、麻雀についてよく知らない人には全くわかりませんね。だから、これは「御免! これはパズルではなくてクイズ」です。


 最初の話に戻って。
 「麻雀牌のフォント」とともに見つけたうちの二つが次のフォント。

PUZZRUKAI 2013.png

(画像をクリックすると画面が切りかわり、拡大表示されます)

 赤い方は、テトロミノを組み合わせてアルファベットと数字の形をつくっています。
 青い方は、アルファベットと数字が不可能図形パターンになっています。
 ウーン、イイネ! パズってるなぁ!! フォントにもいろいろ面白いものがありますね。




posted by puzkai2013 at 11:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨夜と今日の午前中、さらに検討したら、同じ見立ての和了りの形が当初思ったよりもずっとたくさんあることがわかりました。(目下、22通り。まだあるかも知れません)
そこで、それに伴って問題文を改変することにしました。m(__)m
でも、作意の「最も高い手」は当初思ったとおりで変わりありません。
問題文にヒントが増えた分、ちょっと易しくなったかも。(^^;
Posted by MINE at 2013年10月06日 12:35
緑枠4個目の図で役満だ。
それより大きい場合を考えろ。
ということであってますでしょうか?
Posted by iwaikai at 2013年10月07日 14:55
緑枠4個目の図、役満ではないと思いますが、ローカル・ルールで役満にしているところがあるのかどうか?
仮にそうだとしても、はい、作意解はもっと高い手です。
と書くと、役満であることはバレてしまうけれど。
Posted by MINE at 2013年10月08日 11:10
「安くする」という問題もよかったのかも。
Posted by iwaikai at 2013年10月20日 18:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。